fc2ブログ

記事一覧

rtaの練習についてのあれこれ


【環境面】
★・上手くなりたいなら何よりもまず環境を整えるべし
→マジでブラウン管テレビ買うかretrotink+モニターを買うかしてくれ!!!!!言ってしまえば環境は練習がどれだけ成果につながるかの「倍率」のようなものなので、がむしゃらに練習する前に環境を整えて効率よく伸びるようにした方がいいです。

★・上手くなりたいならエバドラをさっさと買うべし
→エバドラ(またはその互換品)を購入してうさむねロムを導入するべし。miscタイマーや入力表示、セーブステートや区間練習データなど効率よく練習するための全てが詰まっています

・入力表示を使うべし(アマレコリプレイ機能も!)
→うさむねロムの中で特に有用な機能が入力表示だと思います。外付けのインプットディスプレイと違って、「無遅延で」使えて、しかも「入力値とスティックの軌道の両方」を見ることができるため、ミスの原因を考察するにあたって非常に強力な手助けをしてくれます。これを使うと、「なぜ今の壁抜けは失敗したんだろう」や「今の反転はなぜ出せなかったのだろう」や「今の幅跳びではなぜ壁蹴りができなかったのだろう」等々の様々な疑問を解消することができ、少しの手間をかければ確実に上達し続けられます。併せて、amarecTVのリプレイ機能を用いることで、ミスした直後に即座に見直しをすることができて効率がいいです。あと、これは区間練習にしか使うべきではない(アマレコが重くなってしまうので)のですが、リプレイで遡れる時間を数十分くらいにしておくことで区間練習直後に通し中に発生した全てのミスを見直すことができます。これがめっちゃくちゃ便利!これがなかったら僕は2階以降2139を出せていないかも!!もう一度言いますが、これをするとアマレコが重くなってしまうので通常の記録狙いをするときにはリプレイ容量は小さめにしておきましょう。アーカイブ用としてようつべに同時配信で流して見直すのもなしではないけれど、やっぱりそのアーカイブを開きに行く一手間が面倒だと感じるので僕はリプレイ機能を多用していました。

・ホリコンを買うべし
→回しやすい!!!個人的には左手の手のひらで回すのがおすすめだけど親指にできるならそれにこしたことはない。もっといえば当たればなんでも良いか。まあ1秒でも詰めたくなったら買うべし。

・スイッチャーも買うべし
→クッパ投げ前の数秒間で焦ってホリコンに差し替えるの嫌じゃない?もしかしたら手が震えて雑にやってしまってフリーズするかもしれないし。手汗を拭いたり回す練習をしたり、深呼吸する時間をつくるためにもスイッチャーを買った方がいいです。

【環境面その他】
・64コンの滑り止め
→僕は
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N9VC7MO/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o05_s00?ie=UTF8&th=1
このナイスタックを切って貼って、その上から泉州の指サックの先端部分を切り出してを貼っています。人によってはナイスタック単品で使っている人や、普通に指サック(ノビサックがおすすめらしい)を指にはめて使っている人もいます。

・耳栓はいいぞ
→僕は
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09DCBW2PF/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o05_s02?ie=UTF8&psc=1
Nice Niteの耳栓を着用して、その上から音量調整可能なヘッドセット(音が聴こえれば何でもいいから安物でいい)をつけてマリオをしています。家の外をバイクが走る音だったり、隣人の話声だったりで集中力が切れたことのある人は是非使ってみてほしい。集中力の切れやすさは人それぞれだと思うので一回試してみるのありだと思います。

・デスクトップ延長ボードが便利
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09PNF4VRK/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
これおすすめです。机にブラウン管テレビを置いて64ものせてパソコンとモニターも置いたらいよいよ物を置く場所が無くなってしまうのですが、これをつけると机の上にホリコンとか水とか置けます。いいねぇ そがさんありがとう定期

・練習時間を区切る
→4/3/2 法 
僕は練習をするとき、なるべくタイマーをつけるか、練習配信を行うことで練習時間を区切れるようにしています。具体的には、休憩込み(≒配信時間)で4時間/3時間/2時間やるごとに散歩に行ったり仮眠をしたりして休憩するようにしていました。やろうと思えば12時間くらいやれないこともないですが、記録を出すためには何か月にもわたってマリオをやり続ける必要があるので、自分に無理のない範囲で練習時間をのばせるように試行錯誤した結果この区切り方に落ち着きました。2,3時間くらい集中してやるのが効率よくね?と思う人もいるかもしれないですが、僕は記録をとにかく出したいと思っていて、成長速度/時間ではなくて、成長速度/日を優先したいと考えていたので、「本気で集中して4時間練習して、その後なるべく集中してなるべくプレイしよう」という方針でプレイ時間を伸ばしていました。とはいってもぶっ続けで12時間とかやるとヘロヘロになっちゃいますし翌日マリオやりたくなくなるし、疲れるとミスったときに余計イライラしてしまうので無理のない範囲で伸ばせるように工夫していますた。

ポモドーロテクニック
新しい技の習得や、あまりやる気がないときなど、特に集中して練習したいと思っているときはポモドーロテクニックを利用してなるべくこまめに休憩を取りながら練習していました。ググったら詳しいやり方とか書いてるので調べてください。

・水分補給をするべし
りっきーくんが「水をがぶがぶ飲みながらやるようにしてから調子が良くなった」といっているのを聞いてなるべく水を飲むようにしています。たしかにその通りな気がします。てかマリオに集中してると意識しないと水飲むの忘れちゃうしね。あと、水を飲むとトイレが近くなるのですが休憩中に席を立つきっかけになって良さそう・・・。ずっと座ってるとマジで色々怖いですし。

・目薬をさすべし
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01M00N1KH/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&th=1
しえらさんありがとう。ブラウン管の光で燃やされた目に効きます

★・散歩に行くべし
これが一番おすすめかも!!!休憩と気分転換になりますし、あらかじめ散歩コースを決めていたらだらだら休憩せずに30分くらいで切り上げられるしでかなり良いです。イヤホンで爆音でbgm流しながら散歩すると気分がいいです。
僕は人に会うのが嫌なので深夜徘徊しています。

・仮眠をするべし
休憩といえばですよね。朝からマリオ始めて昼前後くらいに仮眠すると午後に集中しやすい気がします。布団で寝ると1時間くらい寝ちゃうんで椅子の上で寝るのがおすすめです。コーヒーを飲んでから15分くらい寝るとちょうどいいです。僕はクズなので4時間くらい寝て全てを諦めてます。

【練習】
★★・動画をしっかり見て練習するべし
拡張機能でコマ送りをするべし youtubeだともともとできる

以前にも似たようなことを言いましたが、マリオ64にかぎらずRTAは上手い人の動きを丸パクリするのが全てです。最初は丸パクリで、練習を重ねていくうちにアプローチや視点の採用意図が見えてきたり、自分なりのやりやすいやり方がわかってきたりするものだと思います。まずは、しっかり動画を見て「視点変更はどうやっているのか?」「どこでどのくぼみにスティックを倒しているのか」「目印にしているのはどこか」を押さえて練習することが大事です。細かいところまで見たくなったら上記の拡張機能を用いることでツイッチやツイッター上の動画をコマ送りすることができます。ようつべの動画だったら、一時停止して「、」と「。」のキーを使うことでコマ送りすることが可能です。


・練習配信をするべし(ニコ生とかいいんじゃない?)
→これ本当におすすめ!!!!他人に監視されながらとそうじゃないのとでは全然気の持ちようが違うので!!特に学生時代に自宅だと勉強捗らなかったけど塾とか図書館だと集中できてた人はこれを試してみてほしい。あと、最近はそうでもないのかもしれないけれど、ニコ生だと同時接続者数はわからないけれども来場者数は多少いるので、「何人見ているかはわからないけれど見ている人はいるかもしれない」という状態になって個人的に集中しやすいです。

てかさー、努力は隠すべきみたいな言説あるけど、重要なのは「記録を出せるかどうか」であって、過程がどうで、それをどれくらい他人に見せるかなんてどうでもいいことですよ。と僕は思います。


★・区間練習をする(リプレイ機能を活用する・メモを取る・うさむねロムで確認)
→ikori式練習法についての記事とか気が向いたら読んでちょ。
https://docs.google.com/document/d/1XKQ5NLO0Nhz51ubqPHT0LHKv75AiGjWxcg1ZA54Zj1M/edit#heading=h.cximx54axrw2
https://www.sm64rta.info/environment-tool/ikori-practice-method-table/

僕個人の意見として、スターだけを練習していても"rta"はなかなかうまくならないし、ひたすら通していてもピントを絞れず最大限の効果は得られないと考えていて、両方の橋渡しとなる区間練習がいい記録を出すために非常に良いやり方だと考えています。マジでおすすめです。目標タイムを設定して、リセ少なめで通し練習をするもよし、目標タイムが近づいてきたらリセ増やして記録狙いをしてみるもよしです。
 
 僕のおすすめを書きます。最初は、気長に自分に期待しすぎない感じで、個別でやった内容を確認する感じで、通し→メモ取って修正を繰り返して、ある程度まとまった内容で通せるようになってきたら、序盤ちょいリセ多めで練習しながら後半進入したらなるべく通してはメモを取って修正して、もう十分だろってなってきたら、リセゲーして目標タイムを出すのが良さげに思います。まあ個々人でやりやすいようにやってね・。・b

あと、区間練習で通しまくってると自分の実力が明確にわかるので、フルゲームランでゴミカスみたいな走りをしたときに「まあこんなもんか」って思えるのがいいですね。僕の70枚のhmc以降の自己ベストは823なのですが、練習だと90xくらいを連発してますし9分半くらいになっちゃうこともあります。2階以降の自己ベストは2139ですが、練習では、本当に仕上がっていて調子のよかったときでも2210前後を連発していて、やらかしまくったら24分台になることもありました。自分の実力を知っておくことで無意識に自分に期待しすぎてイラつかないで済むのでおすすめです。


・タイマーを隠す(モニターの電源を切る)
→これもクッソおすすめな練習法の一つ。タイマーを隠すメリットは、「余計な情報を遮断して一定のメンタルに保てる」ことだと考えます。まず、練習に絞って話します。タイマーが目に入る状態で通していて、プラスがどんどんついているとその分ミスをしたときのストレスが自分の中で蓄積していく感覚があります。そういった状態でプレイしているとミスをすればするほどイライラしてしまい余計にミスを誘発したり、雑なリカバリをして余計に悪いタイムになってしまいます。プラス1分とかついた状態で萎えてしまい捨て鉢なプレイをし始めると何のための練習なのかわかりません。また、区間練習時にマイナスがついているタイマーを見るのも個人的には好みでないです。マイナスがついているとその分目標タイムに近づいているということではあるが、それが余計な期待となってしまい、ミスをしたときに期待と現実のギャップが生じてしまい余計にイライラする原因になってしまうと考えます。また、速いペースであることを意識してミスを誘発するかもしれないですよね。一方で、タイマーを隠していると一つ一つのスターごとに気持ちを切り替えやすくなり、より、練習時に意識するべきだと考えたポイントに集中しやすくなるように思います。

 まあとにかく、一喜一憂したり余計な算数に脳のメモリを割かないで目の前のマリオに集中することが僕にとっては重要です。シングルタスク人間なので。
 タイマーを見なくてもどれくらいのペースかわかるから隠す意味が無いというのももっともな意見ではありますが、「今がどれくらいのペースか」や「今のミスでどれくらいのロスをして、次の区間ではどれくらいの更新余地があって」ということを考えていること自体が僕にはミスの原因になるのでなるべく目の前のことに集中するよう取り組んでます。


タイマーを隠すことについては、練習中だけでなくフルゲームランの記録ペースでも同じようにやっています。70枚をやるときはDW抜けたくらいからタイマーを隠して、fs抜けあたりでチラ見して、その後は最後まで見ずに通すことが多いですそのやり方で2回のwrを出しましたし、138を出したときもそんな感じでした。

それから、タイマーの隠し方ですが、以前は任意のウィンドウを最前面表示するアプリを使ってメモ帳を最大化して一番手前に置いていましたが今はモニターの電源をオフにしています。このほうが手っ取り早いし、ディスコとかの通知を切り忘れて視界の端でチラチラ動いて集中力が切れるみたいなトラブルもなくておすすめです。(コメントは記録を出してからいくらでも読めますし雑談配信とか練習配信とかでお話はできますしね・・・。根っからの過疎配信者並感)
 

★・suigi式練習法で個別練習を行う
→これもバッカおすすめ!!!!!!suigi式練習法の具体的なやり方は二つあって、「任意の目標タイムを設定してそれ未満で何回連続でスターを取得できるか挑戦する」のと、「任意の目標タイムを設定して、それ未満で何回中何回成功させられるか挑戦する」のとがあります。
僕は前者ばかりやっています。理由は後者のために25回とか50回とかやってると途中でダレて面倒になってくるからです。

 そんでまあ、例えば三段かごを5回連続12秒台で成功させるという目標を立ててひたすら練習を繰り返すわけですが、ここで重要な点が2つあります。それは「本番意識全集中」と「言語化」です。
 本番意識全集中についてですが、これは、練習を本番だと思って全力で集中して行うことです。suigiも練習を本番のように集中して取り組んでいるって言ってました。日頃から本番を意識してやっておくことで、確かに本番で練習通りの動きを繰り出しやすくなるのでおすすめです。あとそもそも集中して練習したほうが効率がいい。
 言語化についてですが、これは大きく二つにわけられます。
 一つ目が「毎回同じやり方で行えるように固定化」することです。例えば、三段かごについて話すと、最初の視点でマリオ遠目を挟むことで1fロスる代わりに毎回真上で同じ掴み方ができるようにするだとか、木から離れて足場着地後のジャンプダイブの位置を足場の模様で固定化することで毎回同じように柵引っ掛けが行えるようにするだとか、柵引っ掛け後の壁蹴りは毎回2fで行うことで、Aを押すのが早すぎて壁を蹴れないミスを予防する(最速じゃないと届かなさそうなときだけ最速を狙う)だとか、浮島の赤コインよりわずかに手前に毎回止まることで、毎回同じ位置と速度で踏み切れるようにするだとか、籠のキックは毎回2,3fを狙うだとか、壁蹴りが遅いと思ったら少し左上にズラすだとか・・・・そういったことを意識的に言葉にして毎回同じ動きができるように取り組む言語化です。
 もう一つは、「ミスの原因を分析し、再発防止」することです。例えば、幅跳び滝登りをやろうとして、なぜか2回目のケツ燃やし後に頭を足場にぶつけて登れないミスが多発しているとします(実際に僕が遭遇したミスです)。このときに、「なんとなく幅跳びの踏切が遠いからだ」や「なんとなく幅跳びの角度が悪いからだ」と結論付けたり、「5回成功したから本番もいけるだろう」と短絡的に考えて練習をやめるのではなくて(自戒)、どうすればそのミスをなくせるのかを考えます。そのために、上記で説明したうさむねロムを活用して、マリオの高度を表示したり(メモリー機能で可能です)、入力を表示したりして思いつく限りで調べてみます。そうすると、どうやら上記のミスをするときは1回目のケツ燃やし時の高度が低いときで、高度が低くなるのは、足場が下り坂になっている場所で2f以上しゃがんでから幅跳びを出したときらしいとわかりました。そういう仮説に基づき、毎回足場が平らになっているところから幅跳びを出せるように視点作りからやり直し、意識的に練習することである程度安定させられるようになり、34連続?くらいで成功させられるようになりました。このように、「なぜミスするのか」、「どうすれば再発防止できるのか」を言葉で説明できるくらい突き詰めて練習することが本当にいい記録を出そうと思えば重要だと思います。
ちなみにこのシートに僕のsuigi式練習法の自己ベストが載っています。

 
★・メモを取る
→これも本当におすすめなの!!マジで。
メリットとしては、「上記の言語化が促進されるし忘れた時に見返して思い出せる」ことと、「モチベを維持できる」ことかな!
 前者についてはそのまんまかな、と思うので省略するのだけど、後者のメリットが馬鹿にできないくらい大きいので少し説明します。毎日練習してると必ず、「今日何一つうまくいかなかったなー。毎日マリオやってるのになんでこんな下手クソやねん。俺生きてる価値無いわピエン」ってなる日が来ると思うのですが、特にそういう日こそ上記のミスを分析する言語化を行ってメモを取ってほしいです。そうすると、上手くいかなかった日でも一歩前進できていることに気づいてモチベを維持しやすくなるので!2階以降rtaを通したらエンディングを見ながら水を一口飲んで、リプレイを立ち上げながらメモ帳を開くみたいな習慣をつけられると勝ちですね。そうなったら絶対に記録を出せる!!あとは時間と気持ちの勝負!!


・メンタル面あれこれ
心の中に留めるようにしてから少しクオリティオブマリオが上がった考えを羅列しておきます。
 ・今の自分には期待しないけど自分の可能性に期待する
 →結局無駄に期待しちゃうから現実とのギャップでイライラしちゃうんですよねー。なので期待するのは未来の自分の可能性だけで、目の前のスターを楽しみながらコツコツ取っていけるといいですね。(タイムリミットがあるとそうもいかなくてむずいんだけども)

 ・ミスは後から反省すればいい
 →花梨ちゃんが通し中に言ってて本当にその通りだなと思いました。ミスの原因考えながらマリオやっててミス増やしたら元も子もないしそうなったら余計イラつくのは目に見えてるんですよね。だから切り替えて目の前のスターに集中して通して、通し終わってからリプレイとメモ帳とうさむねロムで修正するよう意識しはじめてからちょっと調子よくなりました。

 ・いつも通りやるのを意識
 →2023年のガチリレーあたりから通し中により意識するようになったかな。無理に攻めようとしてもミスするだけの不器用人間なのでbptがいくつだろうが同じアプローチで無難に意識するべきポイントをちゃんと意識していつも通りこなすよう意識してました。練習しまくってると”いつも”がより明確になって本番の緊張下でも動揺しづらいのでおすすめです。僕はrij本番でもガチリレー本番でもいつも以上の魅せプレイをすることはできなかったけどそれでもある程度の結果を出せたと思っていて、それは「いつも通りやろう」と考えたからかもと思います。

 ・深呼吸はしっかり吐くの意識
 →しっかり吐いたら自然と吸えます。これ意識して記録ペース中にちょいちょい深呼吸を挟んでるおかげか、タイマーを隠してるおかげか、その両方かはわかりませんけど最近の僕はクッパ投げくらいまで割と平常心のつもりでやれてます(本当にそうかな)


 ・どうにもならないときは距離を置く
 →月島サイクルの練習でヘラってたときの僕です。距離を置いてまた戻ってきたときにふと気づくこともあります。がむしゃらに練習することも大事ですがやりすぎるのもよくないです。
 物理的に距離を置くのも大事ですが精神的に距離を置くのも大事だと思います。どんだけ記録を出したいと思っていても、マリオに心血を注いでいて、だからこそミスをしたときに気が変になるくらい悔しいとしても、所詮はゲームなので!!!ゲームでミスしてやらかしたところでプレイヤーの人格が否定されたり何かしらの価値が毀損されることはないです。またやりたくなってくるまでは64コンをしまって、おいしいものでも食べてアニメでも見ましょう。 ゲームが自分にとって大事なものだとしてもゲームで精神を病むのはもったいないです。都合よくゲームを扱うのはそんなに悪いことではないと思います。




 色々書きましたけど、メンタルメンタルって言ってる奴が精神強者なわけないので所詮豆腐野郎の戯言くらいに受け止めてくださいね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント